このエントリーをはてなブックマークに追加

信頼できる医師を見つける

女医

予防や治療など様々な理由がありますがクリニックに行く理由により足を運ぶべき内科にも違いは生まれます。梅田で内科を探す時には、足を運びやすい場所かという点に注目して選ぶようにしておくことも大切になってきます。

詳しく見る

自分の免疫力を生かす

ドクター

自分の体が本来持っている自然治癒力を最大限に高めて、体内の異物やウイルスを破壊したり、除去してくれる療法が免疫療法です。癌治療にも使用されることが多く、免疫細胞であるリンパ球を活性化させ、治療をしていきます。

詳しく見る

怖い血管の病気

診断

立ち仕事に危険性

下肢静脈瘤は、足の血管が浮き出る症状を表します。この症状は、生活の工夫から症状を和らげることも出来、症状の悪化を防ぐことも可能と知っておきましょう。更には、長時間立ち放しと言う仕事をする人に多く見られます。治療方法として1時間の間には、5分から10分程度の足休めの時間が望まれますが、無理な人は途中で屈伸とか足踏みなどを行い、ふくらはぎを動かす運動が良いとされます。また、この時の休憩時間などには、寝そべりながら足元を高くする方法、就寝時にも同じことが望まれます。血行を良くすることが、下肢静脈瘤を予防することになるからです。更に、適度な運動をすることも治療方法になり、ふくらはぎの筋肉を強くすることも大切です。筋力を高めることで、血液を心臓に戻す力が強くなる良さがあります。

遺伝子にも問題が

下肢静脈瘤の特徴としては、足にある静脈に血が溜まってしまい、血管が膨らんでしまうことです。この症状が出てしまうと、静脈での血液が足に逆流して戻ってしまいます。血管が膨らんでしまうことで、痛みやだるさ、むくみ、こむら返りと言った症状が起きてしまうことになります。そのため、日常での生活にも支障をきたすことも多くなり、早めの治療で解消に努めたい病気です。また遺伝子が強い病気とも言われ、両親がこの病気にかかっている場合には約90%の人が、片親の人には45%の割合で発症すると言われています。病気を大きくしないためには、早期発見、早期治療が望まれることになります。下肢静脈瘤にならないために仕事終わりなどには、足の状態を確かめることも大切な方法になります。

外科以外の治療が良い

看護師

咽頭がんはのどにできるがんで、治療には外科手術や放射線などが選択されます。ただ、のどは生活に重要な部分なので、外科手術を第一には考えません。できるだけ放射線や抗がん剤を使う方法が選ばれます。放射線を使いやすい場所でもあります。

詳しく見る