このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の免疫力を生かす

ドクター

自然治癒力をアップ

最近の癌治療では、抗がん剤や放射線治療だけではなく免疫療法を用いることが多くなってきました。免疫療法というのは、人間が本来持っている自然治癒力(免疫力)を強めてあげることで病気を治療していくという療法です。何らかの方法を使用し、白血球を活性化させ、認識していないウイルスなどの病原菌や癌細胞などの異物を再認識させます。白血球が異物を認識し識別する能力を高めてあげることにより、免疫機能を強め、白血球によって異物を破壊したり、排除することを目的としているのが免疫療法です。方法には、自然免疫や獲得免疫を利用して行うものや、免疫力を担っている白血球や抗体を利用する方法、癌細胞を攻撃する白血球や抗体を体の中に増やす方法があるようです。

癌の治療

癌治療と聞くと、抗がん剤や放射線治療というイメージですが、この免疫療法を使用することによって癌細胞を排除する免疫力を高めることが期待できるようです。癌細胞を排除する免疫力があれば、癌の発病を防ぐことができるとも考えられています。しかし、癌ができてしまった場合には、免疫力よりも癌細胞が増殖する力が上回ってしまうのです。その為、できてしまった癌を治療していく為には、免疫細胞の働きを人為的に強めてあげることで、癌細胞の増殖を抑制することを期待して行うのが癌免疫療法です。癌免疫療法には、主にT細胞を活性化させた療法や癌ワクチン療法、樹状細胞療法、NK細胞療法があります。どれも免疫細胞であるリンパ球を活性化させる治療法です。